徳島 ツアーナース

輸血ルートを取る時とか、献血ルートを取る時ってハリが太いから大変!18≠Q0Gを失敗したら申し訳ないですよね・・・。

看護師が普段行なっている看護技術にはいろいろあって、中には患者さんに苦痛を与えてしまうものもあります。
ですから、少しでも患者さんに苦痛を与える事なく、安全にスムーズに行なう事ができるように、
学生の頃から勉強を繰り返しています。
患者さんに苦痛を与えてしまう、一番の看護技術としてあげられるのが、針を刺す事です。
これは、患者さんに間違いなく痛い思いをさせる事になりますし、失敗してしまうと、
その苦痛も倍増してしまいます。(T_T)
採血や注射など、患者さんに針を刺す瞬間は、本当に緊張します。

 

普通の注射の針と違って、輸血ルートや献血ルートを取る時は、18≠Q0Gの太い針を使用するんです。
針が太くなるほど、痛みも増しますから、患者さんの不安も大きくなります。
時々患者さんから、失敗しないで、痛くしないで、と言われる事があるんです。
もちろん、私達だって失敗したくありませんし、1回でスムーズに刺したいと思っています。
でも、人の血管というのは皮膚の下に隠れていますから、とても難しいんです。
血管の弾力もちがうし、曲がっていたり、破けやすかったり、人によって違うんです。
翼状針であれば、比較的簡単に刺す事ができるんですが、輸血や献血にはそのような針を使う事ができません。(=Q=j
注射や採血が上手くなる為には、経験を積む事なんですが、いくらベテランであっても必ず成功するとは限りません。
それに、失敗する事で針で神経を傷つけてしまう事が怖いんです。
このようなリスクがあるので、とても難しいんです。
何年看護師の経験を積んでも、太い針を刺す時には特に、いつも緊張してしまいます。(>_<)
こればかりは、どんなに経験を積んでも慣れる事がないかもしれません。